空き家を売りたい方│空き家を売りたい方!探している方!お気軽にお問い合わせ下さい。

空き家を売りたい方

空き家の売り方

不動産を所有しているとそれだけで固定資産税がかかってきますよね。

親族が亡くなってしまって、相続で家や土地を取得したり、もともと居住していた家を何かしらの理由で離れる事になり、『いつか・・・』と思っているうちに年数がたち、劣化してしまうなんてこともあるのではないでしょうか。また相続で取得した家については、相続放棄をしたからといっても管理責任までもが逃れるものではありません。

最近では、自分が住む家を購入したいと考える人が多くかつ、リフォームやリノベーションもブームを生んでおりそういった影響から空き家を活用される方が増えてきています。

『こんなに老朽化の進んでいる家を買う人なんていないだろうな・・・』、『家が古すぎて土地として売りたいけど解体する費用が・・・』売却はしたいけど、どうすればいいのか分からない方も多くおられるのではないでしょうか。

そんな皆様のお手伝いを
空き家ショップはさせて頂きます。

老朽化した古家のついた 土地を売却する場合
『土地として売るの? 土地付き建物として 売るの?』

売り方は2種類あります。
古家付土地(土地として売る) ※更地にしなくても土地として現状のまま売却可能です。
家を解体して土地として売ることもできますが、「住宅用地の特例」は家が建っていることが条件、つまり売れない間は「空き地」として高い固定資産税を払うことになります。
しかし、そのまま売るか、更地にしてからがよいかは、立地や家の状態によっても異なります。
土地付建物(土地付建物として売る) ※たとえ老朽化が激しくてとても人が住めそうになくとも建物の状態、特に悪い箇所についてはきちんと買主様に伝える事が必要です。